2009年10月05日

神経の中にも血流がある

昨日、母校花田学園(日本鍼灸理療専門学校)同窓会の特別講演会で、東大付属病院の粕谷先生に「脊柱管狭窄(症)」のお話をして頂きました。

そのお話しの中に「抹消神経の中にも血が流れている」という事が出てきて、不勉強でお恥ずかしい事ですが、そうだったんだ・・・と知りました。

自分の中では、神経の中にも血が流れがあって、その流が良くなるようなイメージで鍼灸治療をしていたのですが、本当にあったんだと感動しました。おバカなだけですけどね(;_;)

それで、日頃の治療で神経を考えた時の鍼の使い方は、肘や膝から先の部位を多用しているのですが、その手法でもその神経の根っこ(脊柱管付近)の部分の血流が増す事が判っているそうです。

例えば、今回講演の題目になっている脊柱管狭窄でも、狭窄部位への鍼治療ではなくとも、膝から下の部位でその障害神経近傍に鍼をすればそれでも狭窄部位辺りの血流も増加する事が判ってきたそうです。もちろん下肢などの痛み等の症状の改善もされます。
但し、下位の馬尾部分は神経の中に血流がないためか改善されにくい傾向との事。

もちろん、これは治療の一手段で、他にも改善するやり方が多種多様にありますから、その他のやり方でも、末梢神経中の血流を改善できる方法ががあるのだと思います。
posted by tamura at 13:30| Comment(0) | 健康・医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: