2008年05月18日

後期高齢者医療

何かと問題の声が聞こえている後期高齢者医療が4月から開始されましたね。
 これは今まで市区町村等の保険者で取り扱っていた老人医療保険を、75歳以上の人はすべて都道府県の後期高齢者医療広域連合という新たな保険者で扱おうという構造改革なのですが、まだ機能が働いていないようです。

 東京都は、ちゃんと東京都の広域連合が窓口業務を行い始めましたが、他県では名称として広域連合がつくられたが、申請書は今まで通りの市区町村で受け付けているという所もあるようです(^^;これにはびっくり
大きな変革なのに、準備開始や周知徹底する期間があまりに短かったのではないかと思います。
被保険者のお年よりはもとより、現場の職員もてんてこまいなんだろうと思います・・・

 しかしこの制度、被保険者のお年よりにとって何かメリットはあるのだろうか・・・探してみると、75歳以上は保険者が判りやすくなった事と、保険証が1枚にまとめられた事くらいしかすぐには見つからない(^^;他に何かあるかなぁ?
posted by tamura at 21:43| Comment(0) | 健康・医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: